くりの木デンタルクリニック

予防メンテナンス

当院では、予防に力を入れております。

サンプル画像
予防・メンテナンスをする事で、生涯ご自身の歯で過ごす事が出来れば最高ですよね。
定期検診で来院頂く事で、虫歯・歯周病の危険因子を取り除くことが可能です。
ご自宅でのメンテナンスと医院でのメンテナンスで、しっかりとご自身の歯を守りましょう。

予防歯科を始めましょう

歯を失う原因

サンプル画像
毎日磨いてちゃんと治療もしているのに、また悪くなってしまうのはなぜでしょう?
原因は左のグラフのとおりです。
ではどのように対処すればいいのでしょうか?

歯を残すための2本柱

1.セルフケアによる細菌管理
歯を失う原因となるむし歯や歯周病を予防する為のプラークコントロールは、毎日の丁寧なブラッシングがとても大切です。

2.プロフェッショナルケアによる細菌管理
医院で特別な機器を使用しプロによる歯のクリーニング行うことで、普段のブラッシングでは取り除くことのできない頑固なプラークを取り除きます。歯の汚れを取り除き、きれいな歯を保つだけでなく、プラークを取り除くことで、虫歯や歯周病の予防効果があります。

STEP1 歯磨きのレベルアップ

自分に合った磨き方

自分に合った磨き方
普段しているブラッシングでも磨き残しは出ます。
患者さんの歯並びや生え方などを確認しながら、最適なブラッシングの方法をお教えし、むし歯抑制をしていきます。

フロスや歯間ブラシの使用

フロスや歯間ブラシの使用
ブラッシングでは落とすことができない、歯間部のプラークを取り除きます。
初心者の方でも扱いが簡単なフロスや、上級者向けでコストが抑えられる歯間ブラシの使用方法もお教えいたします。

STEP2 プロフェッショナルクリーニング

PMTC
プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」
PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行うことで、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。

P.M.T.Cの手順

1.チェックと歯間の清掃

1.歯と歯の間を清掃をします。
歯肉にどんな問題があるかチェックし、歯石を取り除きます。その後、研磨剤と円錐形のゴムチップで歯間を磨いていきます。歯肉のマッサージ効果も期待できます。

2.クリーニングペーストを塗り研磨

2.歯の表面を磨きます。
歯の表面・歯の間・歯の付け根の部分にクリーニングペーストを塗り、専用の器具で磨いていきます。歯の表面と裏側、歯茎の間を研磨し咬み合わせ面の溝もきれいにします。

3.お口の中を洗浄

3.研磨剤の洗浄します。
消毒液を含んだ洗浄液で、お口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や歯についた研磨剤をきれいに洗浄します。

4.フッ素を塗布

4.フッ素を塗布して終了です。
虫歯や歯周病の予防になるフッ化物を塗り終了です。

当院では歯面清掃器を使用しております。

サンプル画像
歯周ポケット内のメンテナンスや歯面の「頑固な歯垢」や「着色・タバコのヤニ」、細菌のかたまりである「バイオフィルム」を吹き飛ばし、清掃する器具です。

使用しているパウダーは歯面に傷を付けにくい物を使用しているので、インプラント周辺(人工的な部分も含む)も、天然歯と同様のメンテナンスが行えます。

STEP3 1~3ヶ月に1度の定期健診

定期健診でしっかり予防を行いましょう

定期健診でしっかり予防を行いましょう
今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になりつつあります。悪くなってしまったところを治療するのはもちろん大切なのですが、それだけでは「悪くなっては治療し、また悪くなっては治療し」の繰り返しになってしまい、健康な歯がどんどん少なくなってしまいます。

大切なのは「これ以上お口の健康が損なわれないような口腔環境をつくること」なのです。
現在痛みを感じている方はもちろん、そうでない方も定期的にチェックして頂く事をオススメしております。